アンパッサン

アンパッサンとは相手の駒が2マス進んだ直後のみに自分のポーンで相手のポーンを取ることをいいます。
言葉だけでは分かりにくいので下記で画像を使って説明します。


まず白が初手でポーンを2マス進め、黒がナイトをf6に動かし、白がポーンを更に1マス進めました。
棋譜で書くとこうなります
1.c4  Nf6
2.c5


そして、黒がポーンを2マス進めました。
2...  d5
つまり、白がポーンを5段目まで進め、白がポーンを2マス一気に進めた局面です。
この次の白の手番で白は下の図のように黒のポーンを取ることが出来ます。
しかし、次の手番で他の手を指して、次の次の白の手番でアンパッサンをすることはできません。


アンパッサン完了です。
棋譜で書くとこうなります。
1.c4  Kf6
2.c5  d5
3.cxd6

次のページでは、キャスリングというキングとルークの特殊な動きを説明します。
キャスリングのページへ